矯正したいけど目立たない方法ってある?

>

矯正器具を歯の裏側に装着する方法

ワイヤー矯正を歯の裏側に行う方法

歯の裏側にブラケットを着けて、ワイヤーを通し、歯を動かす方法です。
最大のメリットとしては、口を開けてもブラケットやワイヤーが見えない、という点です。
接客業に携わっている方など、目立つことが気になって、今まで矯正に踏み出せなかった方でも挑戦し易くなります。
一部で、表側に装着するよりも効果が出にくいと説明された、という噂がありますが、その様なことはありません。
むしろ、前歯などは、表面に設置するよりも効果が出やすい場合もある様です。
表側に装着する場合と比較して、若干仕組みが異なり、また、手元が見づらい事もあり、装着には表側の場合よりも高度な技術と、経験が要求される方法です。
しっかりと施術経験のある歯科医院で行ってもらう必要があります。

裏側ワイヤー矯正のメリット

歯の裏側に装着されているので、目立たない、という以外にもメリットは様々です。
表側の装置では前歯の矯正の際、奥歯を軸にして、前歯を引っ張る形になりますが、奥歯が手前に動いてしまい、効果が出ずらい、という事がありました。
裏側の装置の場合だと、奥歯が動きづらく、前歯の矯正に効果が出やすい、という傾向があるそうです。
また、裏側にブラケットがついているため、舌触りが悪いので、前歯を押す癖の矯正にも効果があります。
出っ歯になっている方には、無意識のうちに舌で前歯を押す癖がある方もいらっしゃいますので、舌の癖が矯正できれば、矯正後の後戻りの防止にもつながります。
また、歯の裏側は、歯の表面のエナメル質が表側に比べ3倍も厚く、虫歯の原因菌が排出する酸に強いのです。
唾液の分泌を行う唾液腺も近く、殺菌効果のある唾液が絶えず溜まっている事もあり、表面に装着するよりも虫歯になりにくいという特徴もあります。


この記事をシェアする

トップへ